知らなかった!サーバーをレンタルしてできること

ホームページを公開したりクラウド化したりできます

私達が普段利用しているインターネットサイトはサーバーにアクセスすることで閲覧できる仕組みになっています。ホームページを例に説明すると、作成したホームページを公開するにはサーバーにアップする必要があります。そして、サーバーにアップされることで検索サイトなどに表示されるようになり、ユーザーがアクセスすることで閲覧できます。最近ではクラウド化の影響もあってサーバーを利用したいと考えている人が増えています。クラウド化とは、通常パソコンやUSBメモリなどに保存しておくデータをサーバー上に保存しておき、サーバーのアクセス権限を持つ人のみで共有できる仕組みのことです。社内でクラウド化すれば、遠く離れた場所からでもデータの閲覧や保存ができるようになりますし、複数の人が同時に作業する環境を作ることもできます。

サーバーを用意する方法

サーバーを利用したいと考えたら、独自に用意するのではなくレンタルサーバーを利用したほうが簡単です。レンタルサーバーは専門サイトで契約することで利用できるようになります。サーバーには容量が決められており、利用料金が高いものほど大容量で使いやすいものになります。無料で利用できるサーバーもありますが、容量は多くても1GBくらいになります。また、セキュリティなどの観点から見ても無料のサーバーを使うのは避けたほうが良いでしょう。特に会社で運用することが目的なら有料のサーバーを使うのが良いと考えられます。サーバーの種類はいくつかありますが、個人で利用するなら共有サーバー、ビジネスで利用するなら専用サーバーかクラウドサーバーを選ぶと良いでしょう。

「自分の店のホームページを作りたいけど業者に頼むと費用が高いからなぁ」と思ってる方は多いと思います。しかしHP作成ソフトを購入して自分で作れば費用は安く済みますし、意外と簡単にできます。